今日は「Zcash(ジーキャッシュ)」という仮想通貨、について将来性やその特徴を解説していきたいと思います!
一時の大暴落を知っている方には、coin checkで名前は知っているけど、怖くて買えないよ〜
なんて方もいるのでは?
むしろ、まだまだ格安とも言える現状のZcashの今後の可能性について語る夜にしたいと思います!

その適用性を理解できれば期待値はとっても高いと思います!

アリコ
ジーキャッシュ・・・・匿名性・・・・ってことは聞いたことあるけど・・・・。っていうのが私の初めてZcashでした(笑)

Zcash(ジーキャッシュ)ってどんなコイン?

ジーキャッシュまとめ

Zcashの概要

名称 Zcash(ジーキャッシュ)
発行日 2016年10月28日
発行者 Zcashプロジェクト
通貨単位 ZEC
コンセンサスアルゴリズム PoW(プルーフ・オブ・ワーク)
コイン発行枚数 21,000,000枚
公式サイト https://lisk.io

Zcashリアルタイムチャートをチェック




Zcushってどんなコイン?

ZcashはBitcoinの特性とそっくりです。
取引承認システムにマイニング、半減期が更には発行枚数までビットコインと同じです。
 ブロックサイズはビットコインが10分なのに対し、2.5分、ブロックサイズは2MBですので、これらはBitcoinよりも優れています。 

Zcashの最大の特徴は「ゼロ知識証明」と呼ばれるハイスペックな匿名性です。
匿名性のコインといえばのDash(ダッシュ)やMonero(モネロ)が有名ですが・・・

Zcashの「ゼロ知識証明」は

  1. 送金側アドレス
  2. 受金側アドレス
  3. 送金量

プライバシーに関わる全ての情報を匿名化します。

 Zcashの「ゼロ知識証明」は

送金側アドレス
受金側アドレス
送金量
プライバシーに関わる全ての情報を匿名化します。
 

*BitcoinやETHでは全て公開されているので、誰でも見ることができます。

仮に仮想通貨で、モノを買った場合あんまり人に知られたくない情報だったりする場合もありますよね。

アリコ
彼女や奥さんにバレたらまずいんですけど。みたいな(笑)

小さなたとえ話でしたが、最終Zcashの匿名性は、広義の意味で私達の権利が守られることに繋がります。

期待されていたZcashが大暴落?

Zcash チャート

Zucashの知名度がまだまだ低い頃、1ZECが日本円で53万円以上まで一気に高騰しました。
何と、その当時のBitcoinの価格をZcashは抜いたのです!
しかし、一瞬にして急落し、2016年10月29日リリース直後の単価は
1週間で30,000円まで急降下しました。

そこから、長らく6000円前後の価格帯でしたが、 2017年5月に米国最大手の銀行JPモルガンがジーキャッシュのゼロ知識証明を採用するというニュースで高騰しました。 そこから一旦は調整が入りましたが、順調に金額も上がり始めています。

ZcashはICOを行っていなかったために、少ないZECに対して大口が買いに入った段階で暴騰して利確され、暴落という当たり前かもしれません。
投機目的の短期でトレードをしていた投資家が多かったのではないでしょうか。

 

注目されているZcashの性能

スローマイニング

ジーキャッシュではICOが行われなかったので、新規発行のZECは全てマイニングによるものです。
しかしバグの対処やマイニングによるゴールドラッシュが起きる懸念があったため、 2017年5月に米国最大手の銀行JPモルガンがジーキャッシュのゼロ知識証明を採用するというニュースで高騰しました。 を取っていました。

このスローマイニングというものは、リリース当初のしばらくの間はマイニング報酬を減額にするものです。

現在は、スローマイニングの期間は終了しマイニング報酬は半減期の2024年まで通常の12.5ZECになっています。

ZCashの半減期

ZcashのマイニングにはBitcoin同様、半減期が存在します。

半減期は、4年間または840,000ブロック毎にマイニングによる報酬が半分になる時期です。
半減期はインフレ防止のデフレ演出で、市場に出回るZECが少なくなるので価格が上がる傾向があります。

ジーキャッシュの初めの半減期は2020年の10月末頃の予定となっています。

アリコ
半減期2ヶ月位前から価格は上昇傾向にあるよ!東京オリンピックだから忘れないかな?

Zcashの可能性を広げるプロジェクト、『Hawk』と『Bolt』

今後の将来性を考える上でZcashの現在進行中の二つのプロジェクトは重要です。
Zcashは、その匿名性を、契約やより広範囲な取引へと広げる『Hawk』と『Bolt』というプロジェクトに取り組んでいます。

「Hawk」匿名性のスマートコントラクト(契約)

仮想通貨はネットワーク上で動くデータです。
そのため、決済だけでなく、様々なプログラムと共に動かすことができます。

例えば、Aさんが借りたお金を10日後にBさんに返金することを自動化し、実行することですね。

そう!毎日アリコのブログをチェックしていればそろそろ覚えてきたであろう、「スマートコントラクト」

 2017年5月に米国最大手の銀行JPモルガンがジーキャッシュのゼロ知識証明を採用するというニュースで高騰しました。 

例えば雇用契約や売買契約など、個人のプライバシーに関わる契約を、スマートコントラクトで確実に、そして匿名で実行したい。
Ehereumでは、全て公開されていますので、Zcashを使えば、契約のプライバシーを守ってくれる!

「BOLT」進化系ライトニングネットワーク

BOLTとは、簡易的にまとめると「匿名で行う超高速取引」

ビットコインでは、この一つのブロックが出来るのに10分ほどかかります。
秒で決済を完了してしまう、クレジットカードには敵わないのです。

そこで、この取引を後でまとめて記録しよう、というのがライトニングネットワークと呼ばれる技術。

今までのブロックチェーンの概念を覆すかのように、取引記録をブロックチェーン上に記録しないことで、超高速の取引を可能にするということです。
 「匿名性+超高速」 

 

BOLTは進化系のライトニングネットワークです!
BOLTが実現されれば、超高速で取引を行うことができます。
実現されれば、クレカに劣らないスピード決済を可能にします。

JPモルガンのブロックチェーン『Quorum』に採用

Zcash JPモルガン

最近では、ビットコインに対して否定的であったJPモルガンのブロックチェーン『Quorum』に技術採用されたことで話題になりました!

進行中のプロジェクトに期待が膨らみます。
また、グレイスケール・インベストメンツ社より、Bitcoin、Ethereumに続き、仮想通貨の3番目の投資先としてZcashを発表。その後も開発のアップデート状況がアップされるなど、活動的です。

ZCashまとめ

 

ZcashだけではなくDash、Moneroといった匿名性の高い仮想通貨は、今後の展開に、大いなる可能性を期待しても問題ないと思います。
特にZcashは「ゼロ知識証明」は個人だけでなく、企業からも注目を浴びているので、信頼度も上がりそうですね。

アリコ
Zcashはゼロ知識証明「送信元、受信側、送金量」が非公開なのは希少価値高い!他の匿名性の通貨よりももしかしたら期待できるかもね!

アリコが実際に登録した初心者向け口座



Zaif-ザイフ- GMOコイン DMMbitcoin
ビットコイナーでも人気のザイフ
仮想通貨に不安を抱いていた頃
コイナーの信頼を得ていた為
口座開設したよ!
安心の上場企業
GMOグループ!!
信頼、サポートの面で安心
こちらも口座開設したよ!
DMMグループのBitcoin
遅れての参戦でしたが
有名企業なので
こちらも登録!
公式サイトへ 公式サイトへ 公式サイトへ
ジーキャッシュ 将来性

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ