Twitterでも度々話題になる「NEM(ネム)」という仮想通貨。
Coincheck-コインチェック-Zaifで気になる存在の方も多いと思うので、可愛らしい名前のNEM(ネム)の可能性やその特徴、将来性などについて、説明したいと思います!
NEM(ネム)で使われる仮想通貨の単位は『XEM(ゼム)』ですので、お間違いのないようにo(`ω´ )o
どうしてNEMは話題になり、熱狂的なホルダーがたくさんいるのでしょうか?

アリコ
どうしてNEMは話題になり、熱狂的なホルダーがたくさんいるのかな?その秘密を徹底解明〜

NEM(ネム)ってどんなコイン?

NEM 仮想通貨 将来性

NEMの概要

名称 NEM(ネム)
発行日 2015年3月
発行者/組織 Utopianfuture(ハンドルネーム)
通貨単位 XEM(ゼム)
コンセンサスアルゴリズム Proof of Importance
コイン発行枚数 90億枚(発行済み)
公式サイト https://nem.io

NEM(ネム)リアルタイムチャートをチェック



NEM(ネム)の特徴はなんだろう?

NEM(ネム)の始まり

金銭的な自由、分散化、平等、連帯感の原則に基づき、新しい経済圏の創出を目標として立ち上がった仮想通貨のプロジェクトの一つです。そのためNEMはもともとNew Economy Movement(新しい経済運動)の略称でしたが現在はNEMという固有名詞になったとされます。

 NEM(ネム)はBitcoin(ビットコイン)やEthereum(イーサリアム)同様、分散型のP2Pネットワークで取引を承認し、その取引をブロックに追記作業しながら処理していくシステムです。 

Ethereum(イーサリアム)で実現されている「スマートコントラクト」も実装も搭載し、NEM(ネム)独自のトークン発行を行うなど活動の範囲は広いです。

アリコ
さすがにそろそろスマートコントラクトについては説明できるようにしよう!
Etheream(イーサリアム)とは?分裂?DAO事件まとめ!

「Proof of Importance(プルーフ・オブ・インポータンズ)」とは?

NEMの大きな特徴は、コンセンサスアルゴリズムが「プルーフ・オブ・インポータンス(PoI)」であることです。

これは、ビットコインのPoW(プルーフ・オブ・ワーク)やイーサリアムのPoS(プルーフ・オブ・ステーク)の問題点を解消した更に進化版になります。
PoW(プルーフ・オブ・ワーク)やPoS(プルーフ・オブ・ステーク)は、マイニングにコストのかけられる国や人が有利になってしまうシステムです。

対して、 NEMのPoI(プルーフ・オブ・インポータンス)は「ユーザーの重要度」によって報酬が分配される仕組みです。 

ハーベースティング=「ユーザーの重要度」

ネム wallet

NEMの通貨単位はXEM(ゼム)の発行枚数は8,999,999,999XEM(90億枚)で既に投資家たちに均等に配当されました。

これ以上XEMが発行されることはありません。ですのでマイニングの報酬は、コインではなく、「取引手数料」が報酬として支払われます。

NEM(ネム)での「ユーザーの重要度」が重視されるマイニングは、ハーベスティング(収穫)言い、多くの人が気軽に参加できるようになっています。
 このアルゴリズムでは「ユーザーの重要度」に、「コイン(XEM)の保有数」と「取引の頻度」が大きな影響を及ぼします 
ですのでコイン保有数にかかわらず、他者との取引を行うことで重要度は高まります。

ハーベスティングの方法

NEM(ネム)ではNEM walletをインストールし、10,000XEM以上がウォレットに入っていれば個人でもハーベスティングを始めることが可能です。
さらにマイニングを進めるごとに上昇していく「既得バランス」が1万XEMを超えてからハーベスティングに参加できる資格を得ます。

NEM.io財団の誕生。

ネム財団とは  2016年12月にシンガポールにNEM.io Foundation Ltd(NEM財団)を設立し、各国や地域に支部を作っていくことになりました。NEM(ネム)コミュニティの世界規模での取り組みです。 

コミュニティを組織化すると同時に、政府やビジネスに携わり、その地域でのイベントも開催していく予定です。
尚、日本のテックビューロ社(Zaif-ザイフ-)のCEO朝山氏も2017年6月に理事に就任しています。

NEM(ネム)とMijin(ミジン)の関係性


Mijin(ミジン)の概要がこの動画に全て集約しています!
日本らしくて超カッコイイので一度ご覧あれ〜

NEM財団の理事にも就任した朝山氏の運営するテックビューロ社(仮想通貨取引所Zaif-ザイフ-)ではNEMテクノロジーと同じAPIを利用し「mijin」というプライベートブロックチェーンを開発しました。

 「mijin」は、資産管理システム・決算システム・契約システム・情報処理システムなど様々な用途があります。コスト削減を最大目標に掲げた「mijin」は既に数々の大手企業が運用テストを実施しています。 

簡単に説明するとNEMが公開型ブロックチェーン、mijinはNEMの技術を応用したプライベート型ブロックチェーンということになります。

「Mijin」の利用を決定している大手企業
Mijin 将来性

現在「mijin」は、第二期の利用者を募集していますが、第一期の募集では日本を含む世界15か国の企業から申し込みがされています。日本国内でmijinを利用している企業には以下のような会社があります。

アクセルマーク株式会社
上野毛総合法律事務所
ウェルネット株式会社
SBIポイント株式会社
株式会社NEC情報システムズ
NTTデータジェトロニクス株式会社
株式会社オウケイウェイヴ
関西テレビ放送
新日鉄住金ソリューションズ株式会社
TIS株式会社
株式会社ドリコム
日本電気株式会社
野村総合研究所
株式会社 日立ソリューションズ
freee株式会社
株式会社マネーフォワード
株式会社ミクシィ イノベーション・センター
山形大学
Lunascape株式会社
ワイジェイFX株式会社

参考;mini.io

大手から大学まで!第二次の募集も大好評な模様です。

NEM(ネム)まとめ

このようにNEM(ネム)は日本から世界にアプローチし今後の飛躍は約束されているような環境下にあります。大手企業の名が連なると安心してしまうのが本音なところ!
NEM(ネム)のプライベート版ブロックチェーンのMijin、その開発を進めるテックビューロ社(Zaif-ザイフ-)、要注目です。
WaifZaif-ザイフ-の口座がなくてもCoincheck-コインチェック-からXEMを保有することは可能なので、将来性を感じた人は購入しておくと高騰するかもしれません〜!

アリコ
なるほど、熱狂的なホルダーがいる意味がよくわかったのであるぅ〜!将来有望、魅力的なコイン!

アリコが実際に登録した初心者向け口座



Zaif-ザイフ- GMOコイン DMMbitcoin
ビットコイナーでも人気のザイフ
仮想通貨に不安を抱いていた頃
コイナーの信頼を得ていた為
口座開設したよ!
安心の上場企業
GMOグループ!!
信頼、サポートの面で安心
こちらも口座開設したよ!
DMMグループのBitcoin
遅れての参戦でしたが
有名企業なので
こちらも登録!
公式サイトへ 公式サイトへ 公式サイトへ
仮想通貨ネム NEM

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ