「Lisk(リスク)」という仮想通貨、何度も高騰を繰り返したコインですが、未だに根強い人気のコイン!
さらなる高騰も大いに予想されています。
Coincheck-コインチェック-にも上場しているので、どんなコインなんだろう?と思っている方も多いはず。
今日はLiskの将来性と特徴について解説していきます。

アリコ
Liskコイン購入を考えている方、いらっしゃいませ〜

Lisk(リスク)ってどんなコイン?

Lisk 仮想通貨

Liskの概要

名称 Lisk(リスク)
発行日 2016年5月
発行者 MaxKordek(マックスコーデック)
通貨単位 LSK
コンセンサスアルゴリズム PoS(プルーフ・オブ・ステーク)
コイン発行枚数 上限なし
公式サイト https://lisk.io

Liskリアルタイムチャートをチェック




Liskってどんなコイン?

分散型アプリケーションプラットフォームの事を「Lisk」と言います。
通貨単位は「LSK」
実はイーサリアムの仕組みに似ています。
それに加えてLiskの特化すべき特徴を3つピックアップして説明します。

開発言語に「JavaScript」を利用

 「JavaScript」(ジャバスクリプト) ?なんだか見覚えのある単語ですね!
日常で使われている家電製品やスマートフォンやパソコン、あらゆる環境で使われています。
つまり、世界中に「JavaScript」を得意とするエンジニアがいるということです。
そのエンジニアの存在に着目し、多くの人がLiskの開発に努める環境にしたというわけです。

多くのエンジニアが参加することでLiskがアップデートを繰り返し進化していくことが期待されています。

コイン発行枚数に制限なし、インフレもなし。

Bitcoin(ビットコイン)には2,100万BTCの上限枚数があり、これ以上マイニングはできません。
 これに対して、Liskの発行枚数は無限。  そうなるとインフレ(過剰発行に対し通貨の価値を極端に下げてしまう事)も懸念されますよね。

しかし、Liskには発行枚数は毎年減少していくという決まりがあります。
突然Liskが大量に発行されるようなことはなく、特定の人物によって発行枚数をコントロールできるようなシステムではありません。

サイドチェーンを使用

Liskでは、サイドチェーンという技術が用いられています。
Bitcoinではブロックチェーン上で一本の鎖に情報の処理を繰り返し、記録を残していくことでコピーや改ざんの防止に努めていました。

一本上の鎖であるメインチェーンから、派生したものがザイドチェーンです。
サイドチェーンでは、 DApps にひとつずつブロックチェーンを用意し、その上に記帳していくような形になります。これにより、 性能や処理速度の向上、過去にさかのぼって修正も出来るという柔軟性のあるシステムです。 

DAppsは「分散管理・保存されるオープンなアプリケーション」

DAppsというのはアプリケーションの中央にそれを管理している会社や組織がないものを指します

DApps(=非中央集権のアプリ)を理解するためには、反対の中央集権的なアプリをイメージするとわかりやすいかもしれません。例えば、Facebook、Twitter、などのアプリケーションは、管理している人たちがいるので、中央集権のアプリということになります。

 Liskは「中央集権に頼ることなくDAppsを技術者たちがもっと簡単に作れるプラットフォーム」を目指し、そのために「JavaScript」を利用して開発した、 ということになります!

 

Liskまとめ

サイドチェーンを利用することでLISK(リスク)はイーサリアムの欠点を補うような形のシステムとなっています
更にはMicrosoft AzureやShape Shiftと提携しているため、LISKは信頼性の高いプロジェクトと市場に認知されてきています。

LISKのバージョンは更新されていくので、バージョンアップのたびに価格が伸びる可能性が高いため、開発の進捗状況が非常に注目されている通貨です。

アリコ
英語で危険を表す「RISK」とは無関係!むしろこれからに期待。

 

アリコが実際に登録した初心者向け口座



Zaif-ザイフ- GMOコイン DMMbitcoin
ビットコイナーでも人気のザイフ
仮想通貨に不安を抱いていた頃
コイナーの信頼を得ていた為
口座開設したよ!
安心の上場企業
GMOグループ!!
信頼、サポートの面で安心
こちらも口座開設したよ!
DMMグループのBitcoin
遅れての参戦でしたが
有名企業なので
こちらも登録!
公式サイトへ 公式サイトへ 公式サイトへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ