もうすぐGWのはずなのに、実感ゼロ!
やばいな、今年もUターンの時期にきた。またあっという間に終わってしまう!!
今年もいくつの好材料ブチ込めるかな♪

アリコ
1年で、仮想通貨界隈激変するから楽しくて時が進むの早い!

NASAがイーサリアムのブロックチェーンに注目

NASA イーサリアム ブロックチェーン ロケット
NASAの支援する研究プロジェクト(”Resilient Networking and Computing Paradigm”で、)
宇宙ゴミを回避するためのスペースシャトルの自動操縦に用いる技術 として、イーサリアムブロックチェーンのスマートコントラクト が活用されようとしています。

イーサリアムのブロックチェーン技術もついに宇宙へ進出しようとしていますw

NASAでは「宇宙空間」でのコミュニケーションや、スペースシャトルのナビゲーションをより安全かつ効率的にすることを目的として、ブロックチェーンの利用を念頭においた研究プロジェクトが立ち上げられています。

NASAは今後このプロジェクトに一定のリソースを割くと見られています。

このプロジェクトは、アメリカのアクロン大学で助教授も務めるJin Wei Kocsis博士主導で進められる予定です。

なんとKocsis博士はこの研究に3年間で3500万ほどの報酬を与えられるそうです。

 

NASAスペースシャトルへのイーサリアム技術導入のメリット

宇宙ゴミの散乱が問題になっていますが、どのようにこのゴミを把握しているのでしょう?

実は NASAが宇宙ゴミを把握し、地球からの通信によってスペースシャトルに対し衝突予測などを報告 しているんですね。

アクロン大学の発表では以下のように説明されました。

イーサリアムベースのスマートコントラクト技術の利用で、衝突によって甚大な被害をもたらす危険のある宇宙ゴミをシャトル自身が単独で特定し、回避することができるようになります。

さらにKocsis博士は以下のように補足します。

このプロジェクトでは、はるか遠い宇宙空間での探索に必要とされる、分散型かつ安全性の高い認識性能をもたらすコンピューティングシステムの実現に、イーサリアムのブロックチェーン技術が大いに貢献 してくれるでしょう。ブロックチェーンのスマートコントラクトがあれば、システムに不具合が起きた際に非常に回復しやすくなり、より遠くへの探索が可能になります。

宇宙探索を地球からサポートする科学者たちが、スペースシャトルの飛行軌道を綿密に計算し事故を予測することに時間を奪われず、なおかつ自動で収集されたデータの解析に時間を充てられるようになるのです。

パブリックチェーンなのかプライベートチェーンなのかといった、このプロジェクトに用いられるイーサリアムのブロックチェーンに関する詳細は未だ明かされていません。

NASAの先進コミュニケーションプログラムマネージャーであるThomas Kacpura氏も、以下のように述べました。

今回の研究プロジェクトは、NASAの宇宙空間ネットワークのノードにおいて、安全性を重視した分散処理をもたらしてくれるでしょう。

ブロックチェーン技術によってもたらされる認識能力と回復能力は非常に拡張性が高く、そして同時に既存のネットワークを統合することにも繋がります。

今回の研究プロジェクトは、NASAの宇宙空間ネットワークのノードにおける安全性を重視した分散処理をもたらしてくれるでしょう。

今後は、ブロックチェーン技術が宇宙探索ネットワークの革命に導いてくれる?!ということですね〜!

アリコ
そして宇宙旅行が一般化されたら・・・。みんな〜イーサリアム買っておけ〜ww

アリコが実際に登録した初心者向け口座



Zaif-ザイフ- GMOコイン DMMbitcoin
ビットコイナーでも人気のザイフ
仮想通貨に不安を抱いていた頃
コイナーの信頼を得ていた為
口座開設したよ!
安心の上場企業
GMOグループ!!
信頼、サポートの面で安心
こちらも口座開設したよ!
DMMグループのBitcoin
遅れての参戦でしたが
有名企業なので
こちらも登録!
公式サイトへ 公式サイトへ 公式サイトへ
NASA イーサリアム ブロックチェーン ロケット

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ