アメリカに滞在中、本当によく思ったことは「バンク・オブ・アメリカ無茶苦茶店舗あるやん!」ってことでした。笑
数メートルに1件の店舗のあるほどの店舗数を全米の都市に誇っていますが、そんなバンク・オブ・アメリカが仮想通貨に対しての言及をしましたので記事にしたいと思います。

アリコ
巨大ビルのバンク・オブ・アメリカ、本当アメリカの金融業界の権威を見せつけられているようでした〜

仮想通貨はバンク・オブ・アメリカの事業に脅威をもたらす?

2018年2月23日にリリースされた報告書。

「仮想通貨を含めた金融サービスにおける新技術の導入は、進化する業界標準や消費者の好みに適応する必要があり、多額の支出が必要とされる

と意見を明らかにしました。

[blogcard url=”https://www.cnbc.com/2018/02/23/bank-of-america-worried-about-threat-of-cryptocurrency-to-its-business.html?__source=twitter%7Cmain”]

報告書では、仮想通貨との競争について、以下のように言及。

 

多くの顧客は、仮想通貨のようなリスクの高い分野でのビジネスを扱う会社と契約することを選択する可能性があります。

そのような会社との競争の激化は、「当社の収益に悪影響を与える」か、「顧客が当社との取引を選ぶ意思決定に影響を与える」かもしれません。

仮想通貨の普及は、同銀行が資金移動を追跡し、マネーロンダリング防止規制などの法律を遵守することに支障をきたすであろう。

 

仮想通貨に対するバンクオブアメリカのコメントは、米証券取引委員会(SEC)へ提出されました。

これらは同銀行の事業に関する年次報告書のほんの一部です。
同銀行はそれ以上のコメントはないと述べました。

バンク・オブ・アメリカの仮想通貨に対するとりくみは?

バンク・オブ・アメリカ 仮想通貨


バンク・オブ・アメリカは仮想通貨への関心の高まりにも難色を示しています。

実際、マネジメント部門では、

  1. 約17,000人の財務アドバイザーが顧客に仮想通貨に関連する投資を禁止
  2. bank of Americaの発行するクレジットカードでの仮想通貨の購入禁止。などの対策をとりました。
実際、バンク・オブ・アメリカに関わらず、クレジットカードでの仮想通貨購入を禁止するクレジットカード会社が増えています。
現在の下落相場では、返済のリスクが高くなるため、クレジットカードでの仮想通貨購入停止の動きに必死です。

 

仮想通貨に対して否定的ではありますが、バンク・オブ・アメリカは他の主要銀行と同様に、ブロックチェーン技術の研究を進めています

とある金融コンサルタントによると、 同銀行はブロックチェーンのアプリケーションを組み込むことができる70以上の特許と、同技術をバンキングや商業に応用するために必要な「デジタルウォレット」に関連した数々の特許を保有 しています。

デジタル通貨への関心の高まりはここ数ヶ月間続き、2017年の初めに1000ドル以下だったビットコインも、12月中旬には19,000ドル以上の値を記録しています

関心の高まりによって、銀行業界もブロックチェーン業界に取り残されてはならない!とヒヤヒヤしているかもしれませんね。

銀行業界が恐れて当然のCrypto Currency

元はと言えば、仮想通貨の基盤であるブロックチェーン技術とは、中央集権的である主要な金融会社の脅威となる存在です。
 ブロックチェーンは、瞬時に永久的で安全なトランザクションを作成することにより、銀行のような仲介業者の必要性はなく 排除します

これまでの仮想通貨取引の発展により、仮想通貨取引所やBitmainのようなビットコインのマイニングファームは、急速に成長しました。

それに対抗するため、これまでずっと顧客の信頼のもとに稼働していた銀行業界のクリプト界隈への動きもたのしみですね!

アリコ
日本のメガバンクは独自コインを作ることを発表しちゃってるしね。アメリカコインとか、でできる可能性もゼロではない!?

アリコが実際に登録した初心者向け口座



Zaif-ザイフ- GMOコイン DMMbitcoin
ビットコイナーでも人気のザイフ
仮想通貨に不安を抱いていた頃
コイナーの信頼を得ていた為
口座開設したよ!
安心の上場企業
GMOグループ!!
信頼、サポートの面で安心
こちらも口座開設したよ!
DMMグループのBitcoin
遅れての参戦でしたが
有名企業なので
こちらも登録!
公式サイトへ 公式サイトへ 公式サイトへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ