0から始めるビットコイン講座

 

「ビットコイン」と必ず一緒に出でくるワード「ブロックチェーン」。
この二つは切っても切れない腐れ縁で繋がっています。何がどう繋がっているのでしょうか?

アリコ
そもそもブロックチェーンとビットコインが理解できない。
ややこしい、カタカナ嫌い。
安心してください。ど文系の私でもざっくり理解して、投資することができました。
初心者の方でも簡単に理解できるように順を追って説明していきます(。-_-。)

ビットコインが有名になったわけ

 

2018年が始まってまだ数日ですが、2017年はど素人の私でさえ「ビットコイン」というワードを耳にするほどメディアにも取り上げられ、市場も盛り上がりました。
地上波のTVでも「ビットコインって何?」という企画が放送されたり、大手取引所ではCMを流し、より多くの人にその名を広めることになりました。

仮想通貨、暗号通貨には数え切れないほどの種類があります。とてもじゃないですが覚えきれません(笑)その中でも有名で代表的なのがビットコイン。

ビットコインのシステム

「ビットコイン欲しい!」となっても、500円、10円のような物体を手に入れることはできません。ビットコインには物理的な硬貨や紙幣は存在せず、国や銀行に管理されない数字上の通貨だからです。

イメージしやすいのは私たちが使うスマホの中の「Suica」や「Pasmo」。
今ではJRの乗車だけではなくコンビニで決済できたり、スーパーやカフェで使える店舗も増えましたよね。
システム上はビットコインとSuicaは全く違うのですが、私ははじめ身近なところから連想させて、理解へと近づけてました。

アリコ
スタバでフラペチーノをSuicaで決済できる。硬貨のやり取りはなくスマホをかざすだけ。その常識が、仮想通貨へ転換していこうとしているのだ。

電子マネー決済とビットコイン決済の違いは?
 

国家や銀行は関係ないビットコイン

私たちが普段使う円は日本銀行が発行していますよね。
同じようにドルやユーロ各国の貨幣は国家、銀行が発行します。しかしビットコインは発行元がなく、完全に政府や銀行などから独立しています。

特定の国家や銀行と関係がないので、世界的な経済危機にリスクヘッジになる投資先として注目されています。

リスクヘッジ
相場変動による損失の危険を回避すること

ビットコインの発行総量は決まっています。
2140年に2,100万ビットコインになり、それ以降新しく発行されません。
つまり他の貨幣のように、大量に発行してインフレを引き起こすことができません。

インフレ
物価が上昇している状態。特に継続的に上昇し加速すること。

「仮想通貨」はその名の通り、欲しい人によってドルや円のように価格が変動し、FXのようにレバレッジをかけてトレードをすることもできます。通貨単位は「BTC=ビットコインです。

 

ビットコイン初期〜現在に至るの長期チャートです。
0に等しい価格だったものも、今では需要が高まり数千倍に値上がりしています。

 

 

ビットコインが普及すればするほど価値が高まる

「ビットコイン」と聞いても「聞いたことあるけど、なんなのそれ?」という方が殆どです。
実際に周りの人に聞いてみるとよくわかると思います。私の周りも、知っているけど、保有している人なんていません。(ひっそり持っている人はいるかも・・・。)

しかし、先ほど説明したように、発行総量に限りがあるので、欲しい人がたくさんいるから増やそう、という動きは今後もありません。なので、今後もっと需要が高まるにつれて、価格が高騰する、というわけです。

アリコ
ビットコインが欲しいと言っても1BTC=170万円からの価格ではなく、0.00001BTC=17円弱から保有できます。1万円投資すれば1BTC=0.001BTCほどの価格になります。

ブロックチェーンの仕組み

「ブロックチェーン」とはビットコインなどの仮想通貨の基盤になっているシステムの名前です。
取引を記録する帳簿のことをブロックチェーンと名付けられています。

ブロックと呼ばれる「取引の記録」を記載したデータを鎖のように繋いでいくのでそう呼ばれています。ブロックは約10分で新しいブロックが生成され、また記録する、という作業を延々と繰り返します。

新しいブロックには、「直前のブロックのデータを暗号化した値」が含まれています。

つまり最新のブロックには、今までの取引がすべて含まれているということになります。

例えばハッキングによってコインを盗もうとしても特定のブロックの内容を改変してしまうと、それ以降のブロックの過去のデータが実際のデータと異なるということが起こります。

ブロックチェーンは改変されて分岐してしまった場合が想定されていて、どんなときでも「一番長いブロックチェーンが正しい」という原則があります。

 

プルーフ・オブ・ワーク(PoW)

ビットコインを筆頭にほとんどの仮想通貨では、プルーフ・オブ・ワークを計算する手段としてハッシュ関数が用いられています。
このプルーフオブワーク(PoW)というシステムは、ブロック上に取引履歴を記載するためにコンピューターが膨大な計算処理を行います。
ビットコインでは、コインの偽造を防ぐため、この計算に約10分かかるように設定されています。
ここで重要なのが、ブロックに過去の全取引データも記載しているというブロックチェーンの考え方です。つまり、仮に取引データをイジってコインを横取りしようとしても、その後行われたブロックも再計算しなければなりません。
現実的にブロックを改ざんしようとしても再計算速度が新たな取引承認の計算速度に追いつかないのです。

アリコ
プルーフ・オブ・ワークはビットコインにおけるセキュリティに値するのだ。

P2P(ピーツーピ)

Peer to Peerの略。ネットワーク上に存在する端末(コンピューター)が、一対一の対等の関係で通信を行うことを言います。「Skype」はP2Pのシステムを使用したネットワークサービスです。
ブロックチェーンはP2P方式と呼ばれる分散型システムで世界中のコンピュータが記録を持っています。マイニングの徹する大型のコンピューターから、自宅のPCまでにブロックのバックアップがあるようなイメージ。
ですので世界中のコンピューターを同時に破壊しないかぎりブロックを消滅させることはできません。

ビットコインの不正はバレます。

超革命的なブロックチェーン技術。少しずつ理解できるようになってきましたか?
ずっと不正を監視するように国や銀行のような管理がなくてもビットコインにはあらかじめ不正ができないようなシステムで開発されています。

2014年3月7日、記憶に新しいマウントゴックス事件。

2013年2月、社内のシステムを不正に操作し、自分の口座の残高を100万ドル水増しした。
社長がビットコインの残高も水増ししていた疑いがある。
via ビットコイン消失事件

直近の取引所での換算では約500億円程度の流出です。

これはコインが不正流出したものであり、一時は最大級の取引量を誇るビットコイン交換所でしたが、この事件によって世間がビットコインに対してあまり良いイメージを持たなくなりました。

勘違いされる方が多いのですが、この事件はビットコインを扱う取引所のハッキングにあった事件であり、ビットコイン自体が悪者の訳ではありません。
この事件もブロックチェーンによって取引が追えることで犯人が社長なのでは?ということまで明確になりました。

My walletで資産を管理しよう。

基本的に取引所は預けた資産が保証されるものではありません。お金を人に預けた感覚でいてください。
万が一、ハッキングされたり、経営破綻に陥ったりすると資産は戻りません。
ですので、これから仮想通貨投資を考えてる初心者の方は複数口座を開設して資産を分散させるのが事が重要です。

一度保有したコインは取引所に置いたまま眺めるのではなく、ウォレットと呼ばれるウェブ上の各仮想通貨の財布移しておくことが一番安全です。

国や銀行に管理されない自由な通貨ではありますが、その分、投資判断と資金管理は全てが自己責任になるのが仮想通貨投資です。

アリコ
ブロックチェーンとビットコインのつながりをなんとなく理解できたましたか?ここの理解が仮想通貨業界で一番の基盤ですよ〜

アリコが実際に登録した初心者向け口座



Zaif-ザイフ- GMOコイン DMMbitcoin
ビットコイナーでも人気のザイフ
仮想通貨に不安を抱いていた頃
コイナーの信頼を得ていた為
口座開設したよ!
安心の上場企業
GMOグループ!!
信頼、サポートの面で安心
こちらも口座開設したよ!
DMMグループのBitcoin
遅れての参戦でしたが
有名企業なので
こちらも登録!
公式サイトへ 公式サイトへ 公式サイトへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ