コンバンワ!今日は夜の更新だぞい。
ユニセフのマイニング寄付プロジェクトが始動したので記事にします!

アリコ
更新しょうとしたらすでに寄付人数6000人に達していた!
人数多くてびっくり!

ユニセフ、マイニングによるユーザー達に寄付募集

オーストラリアのユニセフが、チャリティープロジェクトの一環でマイニングによる資金調達をスタートさせました。

ユニセフ マイニング 募金

発展途上国の子供、やその家族に経済的な補助を行うための国連プログラム「ユニセフ」は、世界的にもその名を知らない人はほとんどいないのでは無いのでは?

今回のプロジェクトはThe Hope Pageというウェブサイトを開設し、なんとユーザーに仮想通貨マイニングを通しての、寄付を行なってもらおうという内容です!

The Hope Pageは、モネロのマイニングを利用するか否かの選択を与えています。

Monero(モネロ)とは?匿名性の性能の高さにマカフィーも讃美!

そのノード(コンピューター)マイニング力から何%を寄付するか、20~80%の中から選ぶことができます。

The Hope Pageでは、 アクセスしたコンピューターのウェブブラウザーの処理能力を利用して、仮想通貨アルゴリズムを解く(計算処理)ことでモネロをマイニング します。

過去には失敗もあったけど、今回は安心?

ユニセフ マイニング 募金

Coinhiveでのマイニングは、以前、ユーザーのコンピューター処理能力を勝手に使用し、仮想通貨マイニングを行うソフトウェアの感染を引き起こし、50,000以上のウェブサイトに悪影響を及ぼした過去があります。

しかし、今回のCoinhiveを利用した仮想通貨マイニングサービスは、オプトイン型を採用し、マイニングをユーザーが許可することでマイニングが開始されるようになっているため、前回のような感染は起こさないと見られています。

そして今回の Coinhiveモデルは、現在のオンライン上での広告収益によるビジネスモデルを覆すような、新しい収益モデルとなるのではないか と考えられています。

何より現在ユニセフの活動が、ソフトウェアを人道的な目的として利用しているということで、信頼性が高まり、そのサービスのさらなる普及 に繋がるのではないかとされています。

ユニセフのサイトは、マイニングがどのように行われるのかをきちんと説明し、「ユーザーのコンピューターでマイニングを行なっても完全に安全であることを保証しています。

あなたがこのサイトで、より多くの処理能力を寄付することで、より多くのアルゴリズムが解かれ、仮想通貨をマイニングすることができます。

このマイニングがあなたのコンピューターに害を及ぼすことはありません。

もし、マイニングの電力消費が気になるのであれば、寄付する額の割合を下げてください。

マイニングによって採掘された仮想通貨(モネロ)は、ユニセフオーストラリアに寄付され、安全な水や、治療食品、ワクチンなどの救命用品の基金となり、子供達に送られます。

ぜひThe Hope Pageをホームページのように毎日訪れ、支援を行なってください。」

The Hope Page

 

ユニセフによる仮想通貨の寄付募集のこれまで

ユニセフが、仮想通貨で寄付を集めるという企画は初めてではありません。

2018年2月に、Chaingers.io が設立され、シリアの子供達を支援するための資金をユーザーノードのCPUパワー(計算能力)を借りてイーサリアムをマイニングすることで調達しようと試みました。

そして、このイーサリアムによるマイニングのプロジェクトでは、11,013人の貢献者達から€1002(約13万円)の調達に成功しています。

13万円という金額は、ユニセフという母体の大きさからすれば、微々たる金額かもしれませんが、試験的なプログラムとしては成功であったと考えられます!
今後もマイニングによる寄付が活用されるのでは無いでしょうか?

アリコ
後はユーザーにとって、いかにマイニングがしやすい環境が整えられるかが課題かな!

アリコが実際に登録した初心者向け口座



Zaif-ザイフ- GMOコイン DMMbitcoin
ビットコイナーでも人気のザイフ
仮想通貨に不安を抱いていた頃
コイナーの信頼を得ていた為
口座開設したよ!
安心の上場企業
GMOグループ!!
信頼、サポートの面で安心
こちらも口座開設したよ!
DMMグループのBitcoin
遅れての参戦でしたが
有名企業なので
こちらも登録!
公式サイトへ 公式サイトへ 公式サイトへ
マインング Unicef 仮想通貨 募金 Unicef

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ