今日は、三木谷社長が発表していた楽天コイン構想がついに発行の発表がされたので早速記事にします!

以前の記事

楽天コイン構想の発表

アリコ
なんてたってアリコは楽天大好き!

「楽天コイン(Rakuten coin)」をロシアで発行
楽天 仮想通貨 楽天コイン 違い
2019年に独自通貨「楽天コイン(Rakuten coin)」をロシアで発行することが発表されました。

この発表は楽天の子会社で無料通話&メッセージングアプリを提供する「Viber」のCEOから。

「Viber」とは

Viberは、イスラエル発の無料通話&メッセージアプリで、2014年に楽天によって約1兆円で買収されました。

登録ユーザーは、2018年3月時点で10億人を突破。

東ヨーロッパのウクライナや、ベラルーシ、セルビア、中央アフリカのエチオピアなどでは、国内メッセージアプリで第1位のシェアを獲得しています。

ロシアでも4,500万人ものユーザーを抱え、国内第2位のシェアを誇っています。

「Viber」CEOは、プレスリリースにて

「親会社の楽天によって、独自通貨の楽天コインが発行され、楽天エコシステム全体によって支えられることになる。」

と語りました。

楽天コインはViberウォレットで管理する予定だそうで、法定通貨ルーブル、米ドル、ユーロと交換が可能。

現在は、ロシアにおける仮想通貨関連の法律の把握に勤しんでいるとのことです。

楽天コインは今後の展開どう使われる?

楽天は、オンライン通販から銀行業、証券仲介業などの金融分野、旅行分野まで多岐に渡るサービスを展開。

2003年に開始された楽天ポイントの累計還元額も、約9900億円に達する企業です。

2018年2月、三木谷社長が楽天コインの構想を発表した時点で、ポイントサービスへの接続も示唆。

今回の発表も楽天エコシステム全体によって支えられているので、多種サービス間での展開が期待されています。

さらに楽天はロシアで通販を開設することも発表したので、新しいサービスとの連携もあり得ます。

2017年には、Kikメッセンジャーが先駆的にICOを実施して1億ドル(約110億円)近くを調達。その後も同様のメッセージアプリTelegramが、少数の投資家から多額の資金調達を行い、トークンを発行しています。

日本でも有名なメッセンジャーアプリを提供するLINEが、日米を除くグローバルで取引可能な仮想通貨取引所「BITBOX」の開設を発表しており、仮想通貨およびブロックチェーンの市場拡大に一躍買うものと思われます。

アリコ
同じ日本人とは思えない社長の三木谷さん。すげ

アリコが実際に登録した初心者向け口座



Zaif-ザイフ- GMOコイン DMMbitcoin
ビットコイナーでも人気のザイフ
仮想通貨に不安を抱いていた頃
コイナーの信頼を得ていた為
口座開設したよ!
安心の上場企業
GMOグループ!!
信頼、サポートの面で安心
こちらも口座開設したよ!
DMMグループのBitcoin
遅れての参戦でしたが
有名企業なので
こちらも登録!
公式サイトへ 公式サイトへ 公式サイトへ
楽天 コイン 仮想通貨 ビットコイン

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ