おはようございます!世間を騒がせたコインチェックが、米国進出の手続きを取っているということなので、記事にします!

アリコ
さすがマネックスが後ろにつくと違うねえ

CIoincheckのアメリカ進出はもう間近?

マネックス米国での営業の好調ぶりを強調。
7月20日日刊工業新聞の報道。

コインチェックを傘下に入れたマネックスグループは、
子会社の米トレードステーショングループを通じて、アメリカで仮想通貨事業に参入する検討中とのことで「ライセンス」取得の準備に取りかかった模様です。

コインチェックは金融庁の認可申請中の状態で、(「みなし事業者」)認可を受けた仮想通貨交換登録業者となることで、構想段階にある事業展開を加速するものと思われます。

報道によると、取引所をアメリカに新設するのではなく、コインチェックのサービスの英語版でノウハウを活用する方向で検討中とのこと。

そして今回の件は年内参入を目指し具体化する、と報じられています。

アメリカ進出でうまくいくのか?

アメリカ市場では、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)と米シカゴ・オプション取引所(CBOE)で、「ビットコイン(BTC)先物取引」があります。

米トレードステーショングループでは、自社の先物取引顧客がBTC先物取引を利用できるようにするなど、仮想通貨関連の領域に力を入れるとしています。

そんな強敵がいる中、マネックスは米国進出について、インタビューで、「アメリカ合衆国内における”仮想通貨の法的枠組み”」について、

「通貨の送金か、コモディティーか、証券なのか、現時点では定まっていない」

と答え、海外進出に意欲を見せていました。

また、マネックスグループは先の決算説明会にて、米国での営業の好調ぶりを強調しています。

米国No.1の評価を受けるとする世界標準のシステムトレードツールを提供する「トレードステーション証券」の取引件数と取引口座数が、大幅増加で過去最高に推移しているとのこと。

松本CEOは、外資系金融ゴールドマン・サックス証券が上場する前の「元ゼネラル・パートナー(共同経営者)」の一面を持ちます。

米国の金融業に関しても、豊富な人脈とノウハウをお持ちなのでしょう。

アリコ
日本でハッキング事件には合ってしまったけど、もうそんなは過去のお話!

アリコが実際に登録した初心者向け口座



Zaif-ザイフ- GMOコイン DMMbitcoin
ビットコイナーでも人気のザイフ
仮想通貨に不安を抱いていた頃
コイナーの信頼を得ていた為
口座開設したよ!
安心の上場企業
GMOグループ!!
信頼、サポートの面で安心
こちらも口座開設したよ!
DMMグループのBitcoin
遅れての参戦でしたが
有名企業なので
こちらも登録!
公式サイトへ 公式サイトへ 公式サイトへ
マネックス、アメリカで仮想通貨参入。【Coincheckの事業活用】

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ