おはようございます!
ついにアマゾンも特許の取得に乗り出し、仮想通貨を含む電子決済が、現実化してきた?のではないかと思っています。

アリコ
特許を取得してから世にリリースしないとパクられちゃうもんね

Amazon仮想通貨のストリーミングデータの特許取得

アマゾン ビットコイン 決済
大手アマゾンの子会社、アマゾン・テクノロジーズが、リアルタイムの仮想通貨取引データを取得できるストリーミングデータマーケットプレイスの特許を取得しました。

4月17日に公開された特許報告書でその内容も明らかに。

 その内容は、決済の大量のデータの処理に応えるため、ストリーミングデータを比較的少ない待ち時間で大規模に処理する技術を開発。

さらに、開発者による「リアルタイムのダッシュボードの構築や例外の補足、アラートの生成、ビジネス・運営上のリアルタイムの決定」 を可能とする。

 この マルチストリーミングのデータサービス により、amazonサイトの、マーケティング・財務情報、ソーシャルメディア、運用ログ、集計データなどを含む、 異なるの情報を処理することが可能 となるそうです。

 また、「世界のビットコイン取引(もしくは任意の仮想通貨取引)について公表したり、そのようなデータを含む仮想通貨市場のデータストリームのユースケースも説明しています。

「例えば、ビットコイン取引を受け付けている電子小売業者や、インターネット小売業者のグループが、ビットコインアドレスと関連付けられる発送先住所を有することがある。電子小売業者は発送先住所とビットコイン取引データを組み合わせ、相関性のあるデータを作成し、組み合わせたデータを結合データストリームとして再発行できる」

この特許では、ビットコインアドレスに関連付けられた送信元IPアドレスや、発送先住所を決定するためのISPデータを、 国ごとに関連付けられた世界のビットコイン取引データを取得したいという需要が想定されるという。 

「ストリーミングデータマーケットプレイスでは、GB(ギガバイト)当たりのデータを処理し、法執行機関が分析モジュールを使って対象データの分析を行う」

企業の電子決済、特許取得ラッシュか?

以前バンク・オブ・アメリカが申請した、ブロックチェーン基盤のストレージシステムの特許が先週公開されました

データの転送や追跡の問題に対処する特許であり、自動データ認証や安全なデータアクセスを伴うシステムについて説明されている。

 一方では、クラウドシステム内でデジタル取引の安全性を強化するシステムの特許を取得している
これらはデータ検証の安全な手段を提供するものとされています。

アリコ
特許を取得するのが今の時期なら、実際にリリースされるのは来年あたりになりそうね

アリコが実際に登録した初心者向け口座



Zaif-ザイフ- GMOコイン DMMbitcoin
ビットコイナーでも人気のザイフ
仮想通貨に不安を抱いていた頃
コイナーの信頼を得ていた為
口座開設したよ!
安心の上場企業
GMOグループ!!
信頼、サポートの面で安心
こちらも口座開設したよ!
DMMグループのBitcoin
遅れての参戦でしたが
有名企業なので
こちらも登録!
公式サイトへ 公式サイトへ 公式サイトへ
Amazon 決済 ビットコイン アマゾン

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ